2010年05月28日

一括交付金の使途、各省横断で=鳩山首相「個所付け廃止」―地域主権会議(時事通信)

 政府は24日、地域主権戦略会議(議長・鳩山由紀夫首相)を開き、国庫補助負担金の一括交付金化について議論した。一括交付金は各府省が縦割りで使途を決めている補助金とは異なり、自治体が各府省の所管を横断的に超えて自由に使えるようにするとした「基本的な考え方」を了承した。鳩山首相は会議の席上、「(自治体や事業ごとの補助金配分額を決める)国の個所付けを廃止する」と強調。地方の自由度を拡大する決意を示した。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設〜鳩山首相、「県外」守れず陳謝〜
普天間「最低以下」の結果で問われる鳩山首相の進退
辺野古移設、3党合意に反せず=「国民に不信感与えた」
「困難だが正しい決断」と称賛=普天間移設で米国務長官
鳩山首相、対北制裁の検討指示=韓国大統領と連携確認

ノバルティスの腎細胞がん治療薬は「比較的使いやすい」(医療介護CBニュース)
初任給は誰のために使う? トップは「自分」(Business Media 誠)
【from Editor】不可能を可能にする力(産経新聞)
第4回日本文明論シンポ開催(産経新聞)
派閥解消訴え新グループ=自民(時事通信)
posted by マナベ マスミ at 21:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。